アエロタクト・エアハートブログ

パラグライダーの最新情報をお届けします。

朝霧ショップ最終日

ウインターシーズンにフライト確率の高いウイングキッス朝霧にオープンする、アエロタクト&エアハート ウインターショップは本日を持ちまして閉店となります。ご来店いただけました皆様ありがとうございました。また来期もオープンしますのでよろしくお願いします。


冬は豚汁‼


関西からTAKチームご来場


浜名湖プロジェクトRの皆様


スカイパーク宇都宮の面々


パーク青木の皆様


サンライフメンバーご来場


エアパークCOOエキスパートツアー


今シーズンは、グライダーでは(GIN)Bonanza2、(NIVIUK)Artik5 等Cクラス、(PHI)テノール、テノールライト、マエストロ (NIVIUK)Hook5 等Bクラスの試乗が好評で、皆様ご自分のフライトスタイルに応じたグライダーをチョイスしていただきました。ありがとうございます。





テノールライト

マエストロ

また、ポットハーネスのベストセッティングには、とかく時間のかかるものですが、SOYOのエムシライト、ヤイカル3、Kortelのカンニバルレース2などのユーザーの方々は、フライト確率の高いウイングキッス朝霧で、ベストなセッティングが出た模様です。


シーズン最後の今日は、午前中は逆転層が強く前山からなかなか抜けられない状況が続きましたが、それでも元パフォーマンス組のメンバーはグループソアリングを駆使し、大倉ダムのアウト&リターンを達成。




さらにサーマルが渋なったお昼時を陣馬尾根で耐えきった後続メンバーもパフォーマンス組に合流し、午後にはウイングキッス朝霧のメンバーで再度大倉ダム付近でのグループソアリングが楽しめました。


やはり、みんなで一緒に飛ぶことは良いことです。
得られることが多いグループソアリングの極意をマスターするには、冬のウイングキッス朝霧が最高のフィールドと言えますね。


今シーズンの朝霧はハイク&フライブームが到来し、北尾根、南尾根を直登し、ひと汗かいた後のフライトを楽しむ方々が増えてきました。今日は、北尾根タイムアタックに挑んでいたF川さんがついに23分台をたたき出したようです(すごい速さ)。そんな、とんがった方々もいらっしゃいますが、昨年、一昨年と実施された参加型パラグライダーイベント「チャレンジハイク&フライin HAKUBAVALLEY」は今年も10月19日20日の両日での開催が決まってます。今年はショートコースのクラスも設けより楽しいイベントを目指していますので、パラの原点ハイク&フライをマラソンやジョギングと同じような位置づけでチャレンジしてみませんか。



速い


チャレンジハイク&フライは楽しいイベントです


また、トライアングルに大きく回るノウハウもだいぶ確立してきました。北風のち南風の日、猪之頭から富士山までコンバージェンスラインができるときに60㎞近くのトライアングル飛行が達成できます。富士山側でのソアリングは格別な味わいがあります。来年はぜひみんなでトライしてみましょう。





そして、日々同じタスクを回るA&Aリーグも今年の目玉としてやってみました。パラグライダーの楽しみ方として大会へ出てみたい方や、すでにレースを追いかけている方々には好評でした。日々、コンディションが違う中で、同じタスクを同じ時間にスタートしこなすことで、風を読んだり、感じたりすることが身に着くように感じます。来年も、実施しますので是非ご参加くださいませ。


今シーズンは、ウイングキッス朝霧の中川、KPS那須の三浦亜津子、富士見パノラマパラグライダースクールの岡田、エアハートの藤野、アエロタクトの扇澤がウインターショップを担当させていただきました。また来年もよろしくお願いします。
そして、この春はA&AキャンプのフィールドをエアパークCOOへ移し、春のクロカンを目指します。
グループソアリングでクロカンを行いたい方はご連絡ください。


COOのクロカンはこんな感じで